« とりあえずナビ | トップページ | 気まぐれな本流 »

2009年3月 1日 (日)

2009 初釣果

P1010564
混雑する群馬解禁を避け、ネットで仕入れた「解禁日はライズ
多数あり」の情報を頼りに茅野までrvcar
まぁこんな情報でもあればライズ待ちも我慢できる。
予想より早くユスリカが飛び始め、水面に目を落すと・・・・・・・

・・・・・・静かですcoldsweats01
Imgp0179_2

そこへ地元の餌釣師様が登場!
昨日はそこで幾つ釣れただの、サイズがどうだのと話しかけてきたgawk
おじさん話が長いよ~sign01
まじめに受け答えしたのをチョト後悔sad
しかもライズ始まっちゃたし(笑)
水面直下の嫌らしいライズなのでこのおじさんは気付いていない。
ようやく立ち去った頃には直ぐに取れそうなライズも始まってhappy01
最初のアマゴはネットから脱走され画像が撮れず残念wobbly

で、次ので無事撮影完了sign01
Imgp0180

それにしても余り美しくない放流ものばかり。
いくつか楽しんだので別のポイントへ移動rvcar
こちらは流れと雰囲気は良いものの虫も飛ばずで撤退。

今年一番最悪の花粉症状wobbly
今日も頭がボーとして眠い。

|

« とりあえずナビ | トップページ | 気まぐれな本流 »

コメント

ライズの釣りが出来ただけでも羨ましいです
(v^ー゜)ヤッタネ!!

投稿: としちゃん | 2009年3月 2日 (月) 午後 06時12分

ここ数年では珍しいね、ライズがあるなんて!!
また復活かな?

公園の前?

投稿: WILDCAT | 2009年3月 2日 (月) 午後 06時24分

こちら、職場で目から涙を流しながら仕事してた(泣)


今年の症状見てたら先が思いやられます。ふぅ~!

投稿: transplus | 2009年3月 2日 (月) 午後 07時04分

小生も、鼻水垂らしながら
仕事してました!
兄貴!
な~に!綺麗な可愛こちゃんじゃぁないですか!
羨ましい!!

投稿: yabech | 2009年3月 2日 (月) 午後 08時14分

ライズがあるなんてうらやましいですね。
こちらは、あるはずのライズがありませんでした。

投稿: aoyamame | 2009年3月 2日 (月) 午後 09時20分

初物は放流モノでもよしとしましょうよ

投稿: UMA | 2009年3月 2日 (月) 午後 10時10分

うらやましい(-_-)
まだ、今年は、鱒、釣ってないし。。
でも、まだ寒いから、と、思って鱒。

投稿: iwana_m | 2009年3月 3日 (火) 午前 01時18分

★としちゃん
ホント!
ライズが始まりラッキーでした!

★WILDCATさん
>また復活かな?
数年前のオオクマスーパーハッチにまた遭遇してみたいですね!

★transplusさん
今年は凄い年かな?
でもこの時期の日中のライズは貴重なので出来るだけ花粉を吸い込まないようにして出かけてます(^^)/

★yabech
なぜ全身を撮影しないのか・・・・・
尾びれが見せられないから(笑)

★aoyamameさん
解禁日ということで混み合ったみたいで魚もビックリしたんじゃないですか!?(笑)

★UMAさん
綺麗なイワナ見ましたよ!
まぁ出来れば美しいほうが(笑)

★iwana_mさん
この時期は寒さと花粉アレルギーに耐えながらの釣りだからね(~_~;)
これから良くなるでしょう!


投稿: nakajiman | 2009年3月 3日 (火) 午前 06時59分

2009初釣が血の公園じゃなかったんだ!
あっちはミンクの出る地方?

投稿: hiro | 2009年3月 3日 (火) 午前 11時52分

初釣果!
おめでとう!
それにしても長々話されて・・・・
優しいnakajimanさんだから最後まで聞いてあげたんですね!
えらい!
今週末ももちろん出陣ですね!
私はお仕事です。ん~~休んじゃおかぁ~!(^^;)
では、また、、、

投稿: kawana@ | 2009年3月 3日 (火) 午後 12時27分

★hiroさん
そうです!
初釣はミンク騒ぎの下流。

★kawana@さん
ありがとうございますm(__)m
いやいやその人、親切な人だったんですよ~
自慢の後はちゃんと微妙なポイント教えてくれるは、自分が釣ったアマゴを私の足元にリリースしてくれるはで・・・・
そう良い人なんですよ!(^^)

次の日曜日も出かけますよ~
他にやることないですから(笑)

投稿: nakajiman | 2009年3月 3日 (火) 午後 12時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とりあえずナビ | トップページ | 気まぐれな本流 »