« 紅葉真っ盛り | トップページ | 08 川場ミーティング »

2008年10月26日 (日)

08 ヤマメ発眼卵配布

Imgp0627

今年も所属する会の「ヤマメ発眼卵配布」にフラッシャさん
と出かけてきました。
会場に着くと久しぶりに会うTakahashiさんの姿もsign01
早速、冬季釣場の情報入手smile

カップの中身は100粒程度の発眼卵。
Imgp0638

会長からの育て方レクチャーの後は、希望した人全員に
配布完了!
Imgp0643

今年も無事終了しました。
皆さん、お疲れ様sign01

その後、フラッシャさん、Takahashiさんの3人で昼食を食べに
富士見村のラーメン店に。
Imgp0645

ここは店主はフラッシャさんの写真仲間。
店の中は店主が撮影した写真と入選の記念品で埋め尽く
されていて、少々風変わりcoldsweats01

メニューを見て注文したのは「とんこつ・・・・・・・」ではなく
「とん足ラーメン」
Imgp0652 

見事な豚足が付いて来ました。
ピリ辛味噌スープはなかなかいけます!happy01
ただ豚足を食べるのに手間取り、ラーメンを食べるのが
おろそかに(笑)

帰りには群馬県庁で中越地震の被災地”山古志村”の状況
を撮り続けたフラッシャさんの仲間の個展が開催中とのこと
で寄り道。
Imgp0655
土砂に半分以上浸かった住宅など、地震の凄さを改めて
思い知らされました。

フラッシャさん
運転お疲れ様でした&お世話になりました!
来月の写真展には顔を出せるよう調整しま~すhappy01

|

« 紅葉真っ盛り | トップページ | 08 川場ミーティング »

コメント

>運転お疲れ様でした&お世話になりました!
こちらこそお世話に成りました。
一緒に行って頂いた上に、県庁内では案内までして頂、すみませんでした。m(_ _)m (;^_^A

>来月の写真展には顔を出せるよう調整しま~す
ありがとうございます、なにぶん釣りの合間に撮った写真なので、ご期待に答える事が出来るかわかりませんが・・・ (^^;;;
時間が出来ましたら遊びに出かけて下さい。 m(_ _)m (;^_^A

投稿: フラッシャ | 2008年10月26日 (日) 午後 07時22分

ヤマメ発眼卵配布、お疲れ様でした。
こんなに沢山の人が発眼卵をもらいに来るのですね。
なのに何故、川には魚が少ないのでしょう(涙)
彼ら(子供達)が大人になる頃は、自然再生してるヤマメが見たいものですね。

富士見村のラーメン店は、阪神タイガースショップと間違えそうですね(笑)

投稿: ふくちゃん | 2008年10月26日 (日) 午後 11時34分

この発眼卵、水槽でふ化させるための配布ですか?
私も随分前に、水槽でふ化させて、川に放していた時期があります。

投稿: aoyamame | 2008年10月27日 (月) 午前 12時30分

★フラッシャさん
22,23日は予定が有るけど24日は行けると思います。
楽しみhappy01

★ふくちゃん
>なのに何故、川には魚が少ないのでしょう(涙)

まったくです(^_^;)
果たしてどれ位の卵が孵化して、幼魚が川に放されてるのか、追跡している訳でないので分りませんが・・・
ただ並んでくれた子供達が川の生態系や魚が当たり前に棲んでることに興味を持ってくれたら良いな~と。

>富士見村のラーメン店は、阪神タイガースショップと間違えそうですね(笑)

良い目印です!
あれが無いと普通の民家と間違え通り過ぎてしまいそう(笑)

★aoyamameさん
>この発眼卵、水槽でふ化させるための配布ですか?

そうです!
一般の人は水槽で孵化してもらい、余った卵は希望する会員が
WVB等で川に直接放流してます。

投稿: nakajiman | 2008年10月27日 (月) 午前 05時47分

地道に活動やってるんだねぇ。
最近、こういうことに参加してないなぁ。

投稿: WILDCAT | 2008年10月27日 (月) 午前 07時09分

こんなことがしたいと思ってるのになかなか実行できません来シーズンこそやりたいいややらねば…

投稿: osugichan@au | 2008年10月27日 (月) 午前 09時33分

★WILDCATさん
お気に入りの川に余った卵を入れようかとも思ったけど・・・・
面倒だった(笑)
こんなもんですよ(^_^;)

★osugichan@auさん
先導してくれる仲間がいるので続けられるだけのことです。

心がけていれば出番がくると思う(^_^)/

投稿: nakajiman | 2008年10月27日 (月) 午前 10時32分

継続は力なり!
良いことは続けることが大切ですよねぇ~
すばらし!
子供たちが最終的に放流しているかは別として
渓魚の生命の誕生やサイクルを理解してもらえることで
きっと大人になったときどこかで役に立つでしょうね!・・・きっと
では、また、、、

投稿: kawana@ | 2008年10月28日 (火) 午前 07時53分

★kawana@さん
そんな大そうなことじゃないんですけどね。
釣りに行けない時期の暇つぶしです(^_^;)

投稿: nakajiman | 2008年10月28日 (火) 午後 12時52分

カップ一杯分で茶碗一杯分あるかな?(不謹慎)
子供(家族で?)も参加しているのはエライな~
こういうことって学校じゃ教えてくれないからね

投稿: UMA | 2008年10月29日 (水) 午後 07時57分

★UMAさん
活動やヤマメの飼育に興味を持ち、配布を希望する人の中には幼稚園や小学校の先生もいるんです。

授業ではやらないかも知れないけど、何かの機会に川の仕組みを教わる子供達も少ないかもしれないけど居ると思うんですね~
理想は子供達が学校で教わるより川で遊びながら体験してほしいのですが。

配布を希望する人達が居る限りは携わっていたいなぁ(^・^)

投稿: nakajiman | 2008年10月29日 (水) 午後 08時18分

さすが
nakajiman
ちょっと いや かなり尊敬です。

投稿: Mr.K | 2008年10月29日 (水) 午後 09時51分

★Mr.Kさん
>さすが
とん足ラーメン?(笑)
活動のほうは魚の沢山居る川で良い釣がしたいという打算による活動ですから(^_^;)

投稿: nakajiman | 2008年10月30日 (木) 午前 05時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅葉真っ盛り | トップページ | 08 川場ミーティング »