« ライズ待ち | トップページ | ライズなし・・・・ »

2008年2月19日 (火)

NZ釣行

Imgp4086
今回はドリフトビートに乗ってハングした木の下、倒木の際などの
ポイントに付いてる魚を見つけ、ドライフライをプレゼンテーション
するサイトフィッシングがメインの釣り方。
下流の規模はこんな感じ。

このゴムボートで魚を探すガイドとHenryさん。
Imgp4082_2

魚を見つけたらアクセスできるところはボートを降りてファイト。
どう!?このロッドの曲がり~!!
Imgp4016_2

Henryさんのバンブーロッドを絞りこんだファイトの主は....
見事ななレインボーです。
Imgp4141

団扇みたいな尾鰭。
Imgp4148

日本の渓を思い出させる規模の川なのに潜んでいるのは・・・・・
Imgp4129

こんなヤツでした。
Imgp4144

まだ画像の交換が出来てないので、ここに登場するのは
同行したHenryさんです。
それにしても良く釣るんだよね~この人(笑)

|

« ライズ待ち | トップページ | ライズなし・・・・ »

コメント

すごー凄すぎー、尾鰭
日本の渓流と変わりないのにね~

水生昆虫の量が違うの?釣らないから?
C&Rだから・・・
なぜ?

投稿: ふくちゃん | 2008年2月19日 (火) 午後 07時49分

>なぜ?
川の周囲は大自然でした。
きっと虫も多いだろうし、釣り人のプレッシャーも少ないんだろうね~
ふくちゃん、答えはNZにある!(笑)

投稿: nakajiman | 2008年2月19日 (火) 午後 09時01分

いいねぇ~
明らかに種族が違うレインボーですね!
楽しいそうですね!
ホント川の規模は日本の川と変わらないところもあるんですね!
ボート移動ってところがやはり全体の規模が大きい事を想像させます。
続きのレポート期待して待ってます。
では、また、、、

投稿: kawana@ | 2008年2月20日 (水) 午前 07時59分

kawana@さん
岸からはハングした木下に投げられないし、立ち込もうにも流芯は深すぎる。
ボートから岸に向かってキャストするのが一番効率的ですね。

投稿: nakajiman | 2008年2月20日 (水) 午前 10時42分

アカン
見なかったことにしょう
目に毒ですね

続きはもっと凄いのが・・・
こりゃ来年は行かねば・・・
復活海外釣行か(笑)

投稿: Mr.K | 2008年2月20日 (水) 午後 07時11分

Mr.Kさん
>見なかったことにしょう
いやいやもっと見てください!!
Henryさんのサイトに詳細upしてありますから(笑)
http://www.doblog.com/weblog/myblog/57245

投稿: nakajiman | 2008年2月20日 (水) 午後 08時56分

ご隠居さんのブログで見つけました。
うれしそうにレインボーを抱えほくそ笑む姿を。

投稿: aoyamame | 2008年2月20日 (水) 午後 10時45分

aoyamaeさん
ニコパチが苦手な私・・・・
「笑って!」って言われれば言われるほど上手く笑えないんです(笑)

投稿: nakajiman | 2008年2月21日 (木) 午前 06時19分

こっちにアップされてたのかぁw

こんなすごいの釣っちゃうと当分日本じゃ釣りたくないでしょw
解禁は5月頃でいいんじゃない?

投稿: WILDCAT | 2008年2月21日 (木) 午前 09時00分

WILDCATさん
>こんなすごいの釣っちゃうと当分日本じゃ釣りたくないでしょw
それはそれ!これはこれ!!(笑)
早くライズに向かって#3竹竿をキャストしたいfish

投稿: nakajiman | 2008年2月21日 (木) 午前 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライズ待ち | トップページ | ライズなし・・・・ »